しぃぶろぐ。

仕事とか技術関係のこと。

2017年10月のWindowsUpdateはお祭りだったよ!

もちろんよくない意味のほうのお祭りです……。

今現在も対応中で、今起動待ちの時間でこれを書いております。

何があったか

詳細は省略しますが、マイクロソフトさんがWSUS(WindowsUpdateを組織で管理できるやつ)に間違った配信情報を流してしまったとのことです。

なので、今回被害にあったのはWSUSを使うような組織=企業ユーザーのみですね。 一般の方はご安心ください。たぶん大丈夫です。たぶん。

どういう風に壊れたか

単純に言えば、Windowsが起動しない。です。

セーフモードも起動しない。

システムの復元も復元できないです。

どうやって対応してるか

自動修復に失敗した画面からメニューを進んでいくと、コマンドプロンプトにたどりつけます。

あの黒い画面でいろいろやりました。

最初は詳細が出ていなかったので(原因のKB番号(WindowsUpdate毎のIDみたいなやつ)もわからんかった)、とにかく復元させるために WindowsAppsをリネームさせてました。

c:
cd Program Files
attrib WindowsApps -h
rename WindowsApps WindowsApps.old
exit

リネームさせた後に通常通り復元、です。

1日目の大半はこれで乗り切れました。

が、2日目はより深刻になって戻ってきます。

なんと、もう一度起動に失敗し、なおかつ復元ポイントが無いのです(どーーーーん)

同じチーム内の同僚がまさにこれ。

システムエンジニアからパソコン奪ったら何もできません。無能です。

無事だった私がググりますと、公式方面に情報が載っていました。

2017 年 10 月にリリースされた Windows 10 1607 / 1703 向け更新プログラム適用後に OS 起動不可になる問題について (WSUS) – Japan WSUS Support Team Blog

↑のページの一番下の方の内容です。

コマンドプロンプトでインストール待ちになっている該当のWindowsUpdateを消し去る方法です。

同僚はこれで無事に復帰しました。無能時間は一時間くらいで済みましたよ。よかったよかった。

で済めばよかったのですが……。

さらに何があったのか

続いて持ち込まれたのがBitlocker付の端末。

BitlockerでWindowsドライブが常に暗号化されてるよ!セキュアだね!

でも暗号化されているからcドライブに移動できないよ!!どうしようね!!!

さすが先人は偉大です。コマンドプロンプトでちゃぁんとBitlocker解除できました。

manage-bde -unlock c: -rp <回復キー>

他にも色々というか、弊社首都圏中心に拠点散らばってるんで、どうしようもないところに旅にでたりとか、拠点で使ってるパソコンは何故か回復処理中は英字キーボードになってくれてて記号がまともに打てなかったりとかいろいろありましたけど、私は元気です。