読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しぃぶろぐ。

仕事とか技術関係のこと。

conohaにDockerでslackクローンを立ててみた。

ひとことで言うと、楽そうだなと思いつつやってみたらあっという間にできちゃったという話です。

 

もろもろ検証用にconohaのサーバーを個人でもっておりまして。

まぁchatOpsしてみたいなーと思ったんですよ。社内で。

そのためにはまずslack(クローン)でしょ!というわけで、立ててみました。

 

とにかく簡単に試してみたいだけだったので、dockerで立てればいいやと。

で、dockerfileが用意されてるもの&簡単にbuildできそうなものを選んでやってみました。

今回選んだのはMattermostです。

 

まずはConohaにログイン

まずは入らないことにはサーバーも立てられません!

サーバーを追加

適当なLinuxの上にDockerを導入して云々を自分でしてもよかったのですが、今回は何よりも「楽に」作りたかったので以下のようにしてみました。

  1. サーバーを追加
  2. イメージタイプをアプリケーションに変更
  3. アプリケーションのその他をクリック
  4. Dockerをクリック
  5. 適当にrootパスワードを入力
  6. SSHKeyやら許可ポートやらを設定
  7. 追加!

コンソールにログイン

作成したサーバーを起動させ、コンソールを表示、rootでログインします

コマンドたたくよ!

docker pull mattermost/platform

docker run --name mattermost-dev -d --publish 8065:80 mattermost/platform

 

ブラウザから接続するよ!

今回は本当に動作させることだけが目的だったので、IPv4+ポートで接続しました。

http://[IPアドレス]:8065/

IPv6を割り当てmattermostのDockerを起動すると、同じDockerサーバー上にいろいろサービス起動できそうだけどやっていません。

ポートも上のコマンドで適当に変更しましょう。

初期設定して運用開始だよ!

とりあえずbotも何もない状態で仲良しさん呼んで開始してみました。

今のところこれでちゃんと動いています。

 

参考にしたサイト

qiita.com

qiita.com

 

思い立ってから2、3時間。

他のサービスとか試していた時間を除いたら1時間もかからずに(30分もあれば十分そう)できました!

なんて素晴らしい時代になったんでしょう。。。