しぃぶろぐ。

仕事とか技術関係のこと。

XAMPP環境でmysqldumpslowをする。

年の瀬ですね。

私も今日で仕事納めです。

 

気づいたら8月末頃から4ヶ月もあいてしまいました。

基本的にネタが微妙で出せなかったせいです。

日常小ネタだけでも出しときゃよかったかなー。

 

本題です。

今日のネタはMySQLの分析ですよー。

 

本番DBのデータ量が増えてきたせいで、パフォーマンスがおちるわロック待ちtimeoutするわで大問題中。

そのため、まあまずはスロークエリでも分析すっかね、と思ったところ。

本番DBでmysqldumpslowしても、そんなコマンドないよ!って怒られてしまいました。

あれー?と思いつつ、じゃぁ本番鯖でやるのも何だしローカルでやるかねと思って落としてきてコマンドプロンプトでmysqldumpslowしてみたら、

やっぱりそんなコマンドないよ!って怒られました。

おこっちゃいやん。

 

世の方々は「Mysqlが入ってるLinuxならふつーに使えるYO」みたいなこと書いてるのになんでぇぇぇええええ。

と、小一時間悩んでしまいました。

結論を申しますと。

mysqldumpslowは.plファイルでした。

perlにパスを通していない(他もいろいろ)ので実行できませんでしたよ。

ということ…なんてこと…。

 

Windows環境変数増やしたくないので、以下のように実行しましたよ。

フォルダ構成
C:\
 ├work
 │├ slow.log(mysqlで出しておいたスロークエリログ※本番のもの)
 │└ analytics.log(分析後のファイル)←これを生成したい
 └xampp
    ├perl
    │└bin
    │  └perl.exe
    └mysql
        └bin
            └mysqldumpslow.pl (←実行したい)
 
コマンド
C:\xampp\perl\bin>perl -f c:\xampp\mysql\bin\mysqldumpslow.pl -s l c:\work\slow.
log > c:\work\analytics.log
 
わかってしまえばなんだぁな結果でしたとさ。
 
 
ちゃんちゃん。