しぃぶろぐ。

仕事とか技術関係のこと。

生まれました。

8月15日午前11時、三人目の息子を出産しました。
ヤバかったです。自宅で一人で生まなきゃいけないかと…orz

朝7時陣痛開始。
8時になってもおさまらないので、あわてて入院の準備をはじめる。
いくら予定日より10日も前だっつっても、入院の準備はしとくべきだった…orz
8時半保育園に送りに出発。
うん、これも主人に任せるべきでした。
でも、この辺りまでは休み休みでも普通に歩けました。
先生やママさん達と陣痛きてるので、今日かもーなんて話をしたり。余裕ありますね。
9時頃シーツ入れも終わり、主人に病院行くよと電話しつつ急いで自宅へ。
の前に、母子手帳と一緒にもらったはずの書類やら(先天性なんちゃらの検査申請書とか赤ちゃん訪問のハガキとか)がなくなってた(マテ)ので、
家の目の前の福祉センターにもらいにいく。
陣痛きてるんですよー、あははと会話しつつ、病院に今から行きますと電話もしつつ自宅へ。
かばんに着替えやらタオルやら書類やらなんやらをつめてる最中に、
何やら、えぇ、何やらでできそうな痛みに変化致しまして。

動けなくなりました。
焦りましたー。このままここで、一人で生まなきゃいけないかと…。

床に横になったまま主人に電話。
職場が理解ある上に、自転車で10分の距離で本当に助かりました。
ほどなく主人到着。
残りの必需品をつめてもらい、私は気合いで玄関へ。
もうね、立てないので四つん這いで移動しましたよ。
サンダルをつっかけ、外に出ました。
外に出てからは主人に腰を支えてもらい、歩いて目の前の病院へ。
本当に近くてよかった…。
外来待ち中に車椅子に乗せてもらい、診察。
ここでもう子宮口が9cmでした。
主人に入院の手続きをまかせ、急いで病棟へ運ばれる。
分娩台に座るとすでに子宮口全開、赤ちゃんを包んでる膜がはってるのが見えてたそうです。
センサー取り付けられーの、点滴つけられーのして10分後。
いきみ二回ですぽんと生まれました。
3070gの元気な男の子です。
陣痛開始から四時間弱のスピード出産でした。

教訓。
入院の準備は早めにしておきましょう。
必要な書類も早めに準備しておきましょう。
あと、陣痛始まってるのに保育園送りに行っちゃダメです。
ただでさえ経産婦は進みが早いのに、歩いたらなおさら加速します。加速装置を使用してはいけません。

私は幸運なことに、病院が歩いて目の前で、主人の職場も近くて理解があり、
安産体質というか痛みに強いというか、お産が進んでも動ける方なので(だから保育園に行ってしまったっつーのもある)間に合いましたが、
普通は9cmになる前に動けなくなります。
きたなと思ったらすぐに病院行きましょう。

というわけで、母子共に元気です。